Kafka's Japanese Musicbox

Lyric Translations, Reviews & Recommendations


2 Comments

Drop’s – ハイウェイ・クラブ


Drop’s – Highway Club

Song & Lyrics: Nakano Miho
Translation: Kafka

I can only taste the sweetness
It’s like the night is hiding something
Words are taken away by the rain
As the wipers move back and forth

A shadow of a steel tower emerges, when the piercing thunder
Flew by and disappeared, the light’s voice remained shapeless

Inside my head, someone’s fingers was playing the organ
Right before the tunnel, beckoning to dive

Speeding without limits
I forget to blink
Beyond the paralyzing dream
The graveyard of light
So come, to the highway club

Speeding without limits
There is no need to blink
As if I’m drowning, I’m mesmerized
I let go of the handle
Come, to the highway club

Kanji:

甘い味だけ していた
夜は まるで隠し事
雨が言葉も奪って
ワイパー 右へ左へ動いた

浮かびあがる 鉄塔の影 突き刺す カミナリ
飛んで消える ライトの声 形もないまま

頭の中 誰かの指 オルガン弾いてた
飛びこむ トンネルの手前 手招きしてるよ

スピードは切り離され
まばたきさえ忘れる
しびれる夢の先は
光の墓場さ
おいでよ ハイウェイ・クラブへ

スピードは切り離され
まばたきさえも要らない
溺れるように うっとりと
ハンドル 離して
おいでよ ハイウェイ・クラブへ