Kafka's Japanese Musicbox

Lyric Translations, Reviews & Recommendations


1 Comment

植田真梨恵 – さよならのかわりに記憶を消した

Ueda Marie – Sayonara no Kawari ni Kioku wo Keshita ~I erased the memories instead of saying goodbye~

Song & Lyrics: Ueda Marie
Translation: Kafka

Bubbles amidst the darkness, one popped and vanished
Time, it’s too short. And so
Even it was there in the first place, It’s gotten pretty, it’s unknown to me

“Hey, Doctor, it’s already hopeless
The truth remains in my unchanging memories, I don’t need any proof
Memoirs of the both us, They will only cling onto this mind of mine
They will only cling on”

In my rewinding memories, the day I met you
If only I had snatched you away,
And when I started to forget you, I abruptly recall you
One by one, they were vanishing

Hey, Doctor, is it already hopeless?
I’m unable to accept the truth, even if I can’t go back anymore
Just this one memory, please let it stay with me
Please don’t erase it

The sea where I met you, your speaking voice
The number you wrote, The phone I used to call you
The stars you and me saw, The bed where you cried
Everything you erased, I erased you, everything

It was simple, like having met you
It was simple, like me and you falling in love
It was simple, like living life with you
It was simple, like to separate from you

It was simple, like to separate from you

The song you sang, the name I called you
The orange hair of yours, the cup you kept
The things you dripped, our dying promise
I erased everything about you, I erased you, everything

Come and meet me… I’m already this far away

Kanji:

暗闇にしゃぼん玉ひとつ 割れた、消えた
時間なら短すぎた だから、
もともとそこにあったのかすら わからない程 きれいになった

「ねえ、お医者さん、もうどうしようもないの
事実は変わらず記憶に残って 証拠なんて無いわ
二人の跡なんて この脳裏にこびりついてるだけ
こびりついてるだけ」

巻きもどる記憶の中 あの日の君に会った
君をさらって逃げたならば、
忘れかけていたこと ふっと蘇っては
ひとつずつ消えていった

ねえ、お医者さん、もうどうしようもないの?
事実を飲み込むことが出来なくて もう戻れなくても
この記憶だけは残しておいて下さい
消さないで下さい

君と会った海 君の話す声
君が書いた番号 君にかけた電話
君と見た星座 君が泣いたベッド
君が消した全て、君を消した、全て

君と出逢うことなど簡単だった
君と恋することなど簡単だった
君と生きてくことなど簡単だった
君と離れることとは簡単だった

君と離れることとは簡単だった

君の歌った歌 君を呼んだ名前
君のオレンジの髪 君を飼ったコップ
君が雫した事 消えそうなやくそく
君を消した全て、君を消した、全て

逢いにきて… もう遠くへ


1 Comment

Drop’s – かもめのBaby

Drop’s – Kamome no Baby

Song & Lyrics: Nakano Miho
Translation: Kafka

The lemon colored summer passes
I have forgotten the road back
Even though I’m awake, nothing’s changed

Falling in love with the city seagulls
I’ll let you see me dance with clouds of dust
Even though such curve is somewhere out there

Inside pockets are stuffed with a bunch of things
They dangle and so it gets heavier
Though I don’t know, I don’t want to know

Escape and run to anywhere
Even if the earth is rounded
Traverse the park
Send me some love
I want so sing, lalala lalalala

Overtaking at the speed of a head turn
Getting twisted and entangled by spinning threads
And yet the beach waves are swaying and sparkling

Hide the important things in the socks
If I recall, I’ll secretly send a signal
I want to be understood, I wanna be understood, really

A seagull baby
It can fly to everywhere
Is it dreaming of the horizon?

Escape and run to anywhere
The earth is round, it spins
Traverse all over the map
Search for love
I’ll send a signal, lalala lalalala

Escape and run to anywhere
If you can grasp it, go ahead and try to grasp it!
Anything, Anywhere
There must be love, right?
I’ll sing it out, lalala lalalala

Kanji:

レモン色した 夏が過ぎて
帰りみちは 忘れてしまった
目が覚めても 何も 変わっちゃいないのに

都会のかもめは恋をして
砂ぼこりと踊ってみせるよ
そんな曲線が どこかにあるのに

いらないもの ポケットにつめこんで
宙ぶらりんで 重たくなるよ
わからないし わかりたくもない

走ってにげるよ どこまでだってね
地球が丸かったとしても
公園 横切って
愛を おくれよ
歌いたいよ ラララ ララララ

ふりむくスピードも追い越して
糸はぐるぐる からまってねじれる
それでも渚は きらきらとゆれている

大事なもの 靴下の中にかくして
思い出したら そっと合図する
わかりたいよ わかりたいさ ほんとはね

かもめのBaby
どこまで とんでゆくの
水平線を 夢にみてるの?

走ってにげるよ どこまでだってね
地球は丸くて ぐるぐると
地図もぜんぶ 横切って
愛を さがすよ
合図するんだ ララララ

走ってにげるよ どこまでだってね
捕まえられるもんなら 捕まえてごらんよ!
なんだって どこだって
愛がなくちゃ そうでしょう?
歌いだすよ ラララ ララララ


Leave a comment

Drop’s – コール・ミー

Drop’s – Call Me

Song & Lyrics: Nakano Miho
Translation: Kafka

I seem to be getting torn into pieces
Glittering, crossing the pedestrian bridge as I suffer from everything
In this unstopping wave, this name
Please don’t erase it, please call it

On this night when I seem to be breaking into tiny pieces
At this time, why are you not here?
Caught up by the flow to somewhere to
The silver coldness, the streamlined kindness

When I’m sinking at the speed of smoke
Does even my beautiful loneliness
Get snatched away too? and so

Call me baby
Call me baby
Just even this once
Only gritty temperatures certainly draws out from my chest
Show me your dreams, like blowing away everything at anytime
With a shine, I’ll quickly find you and hold you tight

Red, Blue, Yellow, although it repeats, it continues to change
I’ll cross over clocks, deserts, buildings, everything
My tears overflows

I seem to be getting torn into pieces
Glittering, crossing over the pedestrian bridge as I suffer from everything
In this jumpstarting wave, one by one, we shine
I’ll go and ride the fastest bus, so right now

Call me baby
Call me baby
Just even this once
Only my dancing desires make something set in motion
Let’s dream, like blowing away everything at anytime
With a shine, I’ll quickly find you and hold you tight

Kanji:

ばらばらにちぎれて しまいそうな
すべてをかかえて きらめく 歩道橋を渡るよ
とまらない波のなか 消さないでおくれ
呼んでおくれ この名前

こなごなにくだけて しまいそうな夜
どうしてあなたは こんなとき居ないの?
流れてどこへ行く
銀色のつめたさ 流線形のやさしさよ

けむりの速さで沈むとき
きれいなさみしささえも
奪われてしまうの? だから

コール・ミー・ベイビー
コール・ミー・ベイビー
一度だけでいいの
ざらつく温度だけが たしかに胸を撃ち抜く
夢をみせてよ いつでも すべて吹き飛ばすような
輝きで すぐに見つけてよ 抱きしめにきてよ

赤・青・黄をくり返し 変わり続けるけれど
時計も砂漠もビルもすべて飛び越えて
涙がこぼれる

ばらばらにちぎれて しまいそうな
すべてをかかえて きらめく 歩道橋を越えるよ
うごきだす波のなか ひとつずつ輝く
いちばん早い バスで行くよ すぐに

コール・ミー・ベイビー
コール・ミー・ベイビー
一度だけでいいの
踊りだす 欲望だけが たしかに何か動かす
夢をみようよ いつでも すべて吹き飛ばすような
輝きで すぐに見つけるわ 抱きしめにゆくわ